見つけたんだ 小さな光

君との出逢いは偶然じゃなくて必然

「中島健人、Sexy時代を語る」まとめ

 

 〜1夜〜

Sexy時代とは

f:id:moonlightxyty:20170618223009j:image

・Sexy=Happy、Sexy時代は幸せ

・Sexyとは人間の根源、Naturalを体現していることば

①Natural=Sexy

②Pure=Natural

①,②よりPure=Sexy

・人は気付かぬうちにSexyになっている

Sexy時代の法について

f:id:moonlightxyty:20170619175818j:image

 ・イチジクは恥じらいを隠すための重要なウェポン

・失敗は成功へのプロセス。よってイチジクをうけることは恥ずかしいことではない

 

 

 

〜第2夜〜

 Sexy常用語

・自分で探してほしい

・Sexyの著作権は僕が待っているわけではない

・「Sexy Thak You」と言われたら「You Welcome Sexy」と返す

 f:id:moonlightxyty:20170618221154j:image 

 

 ・おはよう:Sexy Good Morning

f:id:moonlightxyty:20170619185131j:image

・こんにちは:Sexy Hello

・おやすみ:Sexy Good Night

・電話に出るとき:Sexy もしもし〜?

 

 

 

〜第3夜〜

お風呂の入り方

ナチュラルに、普通に入ればいい

→何かを意識して入るのはだめ

・お風呂に入った後にシャワーを浴びるとき、まず「心」を洗う

デートのプレゼント

・1回目:今夜

・2回目:朝

・3回目:朝

クリスマスのデート

・クリスマスの日にSexy Zone中島健人じゃない可能性はない→Sexy Zoneのライブに来て!

(。^∪^)ライブ以外で、日常的に!

(o'ω'o)毎日がクリスマスって言いたいの?キミ、素敵だね

(。^∪^)それを言える中島さんがSexyですよ

 

 

 

〜第4夜〜

ペットボトルの水の飲み方

・Sexy Zoneは「Sexy」と「Zone」に分かれてる。聡ちゃんはZoneらしい

・Zoneは飲み方を全部口に放り込む

(o'ω'o)哺乳瓶か!

・健人くんは勢いよく飲んで、最後に「.....ッア〜(吐息)」
→自分がSexyだと認識してできること。作為的なことじゃなくて不作為なSexyもある

f:id:moonlightxyty:20170619185622j:image

(「ハグ飲み」はどこへ・・・)

 

チャーハンの作り方

 (o'ω'o)第四夜どうしたの?初夜の方が楽しかった気がする
・べちゃべちゃ系にならないようにご飯と具材を別々に炒める
・具材を簡易的な袋に入れて、醤油とかの調味料入れて揉む
(。^∪^)Zoneは容器に入れてこねこねする
(o'ω'o)こねこねしたら具材じゃなくなる。赤ちゃん料理なんだ?
(。^∪^)Zoneは赤ちゃん系なのよ!
・具材も調味料も主役

第4夜の結論:よくわからない。

 

 

 

 

 

 

 

はぁ〜〜〜・・・楽しかった!まとめても訳わからなかったです(褒めてます(?))健人くんの頭の中の構造ってどうなってるんだろう。天才だなあ。なんだかキリスト教チックな部分もありますし、もっと詳しく研究したら面白くなりそうです。

 

 

以上、「中島健人、Sexy時代を語る」まとめでした。

 

あの大きなスクリーンで

憂鬱な土曜日の授業が終わって向かう先は、家じゃなくて映画館でした。

 

目的は、もちろん・・・

 

 

f:id:moonlightxyty:20170610213518j:image

 

心が叫びたがってるんだ。』前売り券

素敵なポストカード付きです。このポストカードの健人くんの表情が、"坂上拓実"そのもので。ここに映っているのは健人くんだけど、健人くんじゃない。不思議な感覚です。

新しいフライヤーもゲットしたかったけれど、残念なことに見当たりませんでした。また探してみようと思います。

 

 

 

本予告映像、前売り券の発売や健人くんや4人が表紙の雑誌などを通して、映画の公開日が近づいていることをひしひしと感じています。

あと約1ヶ月、きっとあっという間なんだろうな。"坂上拓実"の健人くんを、あの大きなスクリーンで観れる日を、今から楽しみです。

 

 

  実写映画『心が叫びたがってるんだ。』本予告 | 2017年7月22日(土)全国ロードショー - YouTube

 

光を与えてくれる人

はじめまして、澪と申します。

田舎と都会のあいだの地域で、ジャニヲタをやっています。今年の春からやっと高校生になりました。JKという称号は私には不釣り合いで、自ら堂々と「JKなの♡」なんて名乗れません。ジャニーズも学業優先を掲げているようなので、私も(一応)学業を優先してます。

 
私がはてなブログを始めた理由は、
①ジャニヲタ仲間どころか、そもそもふつうの友達が少ない。というか、いない。
②日々味わう、ジャニヲタとしての幸せを分かち合いたい。
Sexy Zone中島健人くんについていっぱい話したい。
の3つです。
文系とは言いつつも、文章力は皆無です。下手な文章しか書けませんが、自分が思ったことや感じたことを残せたらいいなと思っています。よろしくお願いします。

 


初記事は、健人くん担当になるまでのこと書きます。健人くんに出会ったのは4,5年前で、最近といえば最近ですが、記憶が曖昧な部分が少々あります。でも覚えていることの方が多いです。あの頃こんな風に思っていたんだなって、そういえばこうだったなって、いつか見返したときに思い出せるように、ここに残しておきたいと思います。見返すときに、このブログが残っているかは別として。

興味のある方はお付き合いください〜!

 

 

 

 

*********

 

 

 

始まりは、2012年の秋。小学4年生の時にいろいろあって、学校嫌いになっていた。友達もいない。クラスの教室にいるとなんだか息苦しい。みんな楽しそうにしているのに、なんで私は・・・と小5のくせして、そんな風に思っていた。そんな私の癒しは、当時好きだった嵐とAKB48。かっこいいダンスを踊る嵐、ふりふりの衣装を着てかわいく踊るAKB48。どちらもみな、輝いていた。暗闇に中にいる私に、光を与えてくれる、そんな存在だった。

 

 

そしてある日、さらに輝きを放つグループと出会った。

なんの音楽番組だったかは忘れてしまったが、たぶんスペシャル番組だったと思う。珍しく、嵐とAKB48が同じ番組に出演するということで、私は今か今かと出番を待っていた。確かAKB48が先に歌って、最後らへんに嵐が出てきた記憶がある。

だけど、嵐よりもはやく、そしてAKB48よりもはやくに歌うグループがいた。のちにそれが、私にさらなる光を与えてくれる存在になるとは思いもしなかった。

 

Sexy Zoneでーす!!!」

セクシーゾーン????なんちゅうグループ名だ、と思いとっさにテレビを見た。私よりちょっと年上な人もいれば、中にはあまり年齢の変わらない人もいる、5人組の男子が映っていた。よく見ると、衣装はサンタクロース。まだ秋なのに、もうクリスマスソング歌うんだ~と思った。でも、違った。いや、違くはないか。未だにわからないけど・・・。

 

 

「これから歌う曲は、『Sexy Summerに雪が降る』です!」

セ、セクシーサマーに・・・・雪が・・・降る?????

グループ名だけでお腹がいっぱいなのに、衝撃的な曲名。

 

 

セクシーなゾーンとはどこなのか、セクシーなサマーとはどんな夏なのか。そんな夏に雪が降るとはどういうことなのか。そして、クリスマスまであと2~3か月あるのに、サンタクロースの衣装とは・・・?

次々頭に浮かぶのは、はてなマークばかり。

 

 

とにかく見てみよう、聴いてみよう。そうすれば何か理解できるかもしれない!

だけど、全然理解できなかった。

「Hello,Hello!&Merry Christmas」はもう完全にクリスマスソングの歌詞だし。

「今がいいチャンス!一年中の愛をこめて告白するよ」は、なんで今のタイミングで?と思った。秋は、夏と冬の間だからなのかなとか、自分でも訳のわからない結論を勝手に出してみたけど、腑に落ちない。

その後も、季節混合のワードが次々と出てくる、出てくる。

きっとこの時の自分は、口をぽかーんと開けて唖然としていただろう。

 

 

「不思議な曲を歌う、不思議なグループ」というのが、私のSexy Zoneの第一印象だった。

不思議なグループなのに、いや不思議だからか、なんだかキラキラと輝いて見えた。いや、キラキラしている。嵐だってかっこよくてキラキラしているのに、このSexy Zoneというグループはもっと輝いているように見えた。

そして見つけてしまった、ある一人のメンバーを。

ひとり、これでもかっていうくらいのアイドルスマイルを見せる人がいる。一瞬たりとも真顔を見せることがない。ずっと笑っている。こんなに眩しいアイドルスマイル、嵐でもAKB48でも見たことがない。

そしてすごくかっこいい。なんなの、この人!!!

 

 

当時嵐が好きだと言いつつもジャニーズで嵐しか見ていなかった私は、他のジャニーズの人の名前なんて知らなかった。ましてや最近デビューしたグループのメンバーの名前なんて、知っているわけがない。

 

 あののアイドルスマイルを輝かせていた人は、誰なの。

 

次に出たAKB48を見て、かわいいー!あっちゃーん!って言いながらも、頭の中はあのアイドルスマイルを輝かせていた人で頭がいっぱいだった。

 

 

翌日、慣れないパソコンを使い、「セクシーゾーン」と調べた。一番上のホームページを開いて、プロフィールページにとんだ。そこでやっと、あの人の名前を知った。

 

 

中島健人

 

 

 

なかじまけんと、なかじまけんと・・・・。けんと、けんと。

 

 

 

ついでと言ったら語弊があるけど、他のメンバーの名前も知った。

菊池風磨佐藤勝利松島聡マリウス葉

5人中4人が東京出身で、マリウス葉はなんとドイツ出身。すごいグループだ、と思った。なんかのノートにメンバーの名前をメモした記憶があるけど、そのノートはどこにいったのかわからない。

 こうして、晴れて私は中島健人担当になりました。と言いたいところだけど、そんな簡単に担当を名乗れなかった。昨日出逢ったばかりのグループを好きになって、いきなりそのグループのメンバーの担当を名乗るのはいかがなものなのか・・・と、生意気ながらそんなことを思った。

「ちゃんとSexy Zoneのこと、中島健人のことを知ってから担当を名乗ろう。」と決意した。

 

 

そして初めて出逢ってから約1年が過ぎた、2013年12月31日。紅白歌合戦で、1年前よりもずっと輝きが増していたSexy Zoneの姿を見た。そして、やっと決心がついた。

 

「この5人を応援しよう。中島健人担当になる」と。

 

年が明けて2014年に、いつからかこれも忘れてしまったけどザ・少年倶楽部を初めて見た。そこで母に、「セクゾを好きになって、この人(健人くん)が好き」と告げた。なんで母にわざわざ報告したのか覚えていないけど。それから少クラは毎週欠かさず見ている。 

 

 

 

やっとセクガルになったぞ、健人くん担になったぞ、と思った矢先にいろいろあったけれど。

 でも今、ここにいます。

 

 

初めて出逢ったあの時のように、健人くんの笑顔がある。キラキラ輝く、Sexy Zoneがいる。

5年前、ずっと暗闇から抜け出せずにいたけれど、抜け出せた。たまに、また暗闇に入ってしまうこともあるけど・・・。でも、光を与えてくれる人たちがいるから、生きていける。  

 

 

 

 

あなたに出逢えて本当に幸せです

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする